-これは事件ではない!-
仙台・北陵クリニック
筋弛緩剤点滴事件の真実
●Home
●会の紹介
●事件の概要
●事件と裁判の経緯
●ここがおかしい!
 北陵クリニック事件
●事件Q&A
●起訴事案5件の
 比較表
●守大助さんの
 一審最終意見陳述
●守大助さんからの
 メッセージ
●守大助さんは
 こんな人
●支援者より
●活動記録
●サイトと本の紹介
●市民の皆様へ
 お願い!
●更新履歴
●Contuct us




Last Update
2017/2/5



※掲載内容の転載を希望される方はご連絡ください。リンクは自由です。


























※2016/9 ホームページ移転の関係で、ページによっては開けないリンクがありますが、その場合は一度上のページに戻ってからリンクをクリックしてください。

2014/7/11ジュネーブのプレス・クラブで訴えを行いました。

2014/7/11国連の自由権規約委員会のプレイベントで日弁連主催の袴田事件の映画上映が行われた後、ジュネーブのプレス・クラブで守大助さんのお母さんが訴えを行いました。(こちらのページ一番下の動画04:20くらいから)

2014/3/25仙台地裁は再審請求棄却の不当決定

 仙台地方裁判所第一刑事部(河村俊哉裁判長)は3月25日、再審請求を棄却する不当決定を行いました。弁護団は3月28日、仙台高等裁判所へ即時抗告を行いました。

2013/11/26仙台地裁は証人尋問と証拠開示を拒否


 仙台地裁は11月26日の第9回三者協議で、弁護側の求めていた鑑定人の尋問と証拠開示を認めず、また2014年1月20日期日の最終意見書をもって審理を打ち切る方針を示しました。これは科学的事実から目を背け、真実を闇に葬ろうとする極めて理不尽な姿勢です。このようなことが許されるならば、誰でもが警察や検察の思い込みや思惑で犯罪人に仕立て上げられてしまうことでしょう。国連の拷問禁止委員会で「日本の刑事司法は中世」と指摘された通りの裁判がまかり通ろうとしています。健全な市民生活を守るために裁判所に対する厳しい批判と監視の目を向けてください。

2012/2/10に再審請求申立書を提出しました。


 
守大助さんの再審弁護団は、守大助さんと両親の要請を受け、仙台地方裁判所に対して、2012年2月10日に再審請求申立書を提出しました。社会の皆様の注目とご支援をお願い申し上げます。




仙台北陵クリニック筋弛緩剤冤罪事件PR映像
拡大版はこちら(YouTube)


上告棄却決定に抗議!

 
2008年2月25日付けで最高裁から上告棄却決定が出されました。棄却理由はたったの10行で、弁護団が上告趣意書及び4つの補充書で指摘した鑑定の明らかな科学的誤り等について何等合理的な理由も示さずに「事実誤認を発見することはできない」などとしています。このような科学と正義を無視した決定に対して断固抗議します。

最高裁への抗議と守大助さんへの激励を!
上告棄却決定通知
ご両親の挨拶(2/27)

異議申立書を提出(2/28)
弁護団抗議声明 上告棄却決定について(2/29)
守大助さんより支援者の皆様へ(2/29)

※2008年3月10日付けで異議申立は棄却され、無期懲役刑が確定してしまいました。今後とも無実の守大助さんを助けるためにご支援をよろしくお願い致します。


守大助さんは無実です!


 准看護士の立場を利用して約20人の患者の点滴に筋弛緩剤を混入して殺害しようとした前代未聞の無差別凶悪殺人犯 - 2001年初旬、守大助さんがこのようなセンセーショナルな報道とともに、殺人と殺人未遂の疑いで逮捕・起訴されました。
 しかしよく事件や裁判記録、守大助さんの人物を見れば、いかにずさんな捜査と裁判が行われてきたか、いかに守大助さんを犯人とすることが不自然であるかが見えてきます。
 守大助さんは刑務所から、真実が明らかになることを信じ、無実を訴え続けています。彼と支援者の声に耳を傾け、支援活動にご協力ください。





千葉刑務所より守大助さんのメッセージ 2016年 2017/2
千葉刑務所より守大助さんのメッセージ 2015年 2017/2
3.25守大助さんの再審・無罪をかちとる全国集会in仙台 2017/1
全国連絡会のHPで各種裁判資料を公開しています! 2017/1
事件と裁判の経緯を更新 2016/12
メッセージ17.事件のおかしさ、職員の対応 2016/12
A子さんはミトコンドリア病の「確実例」!(病態論)
検察の驚くべき主張大転換!(鑑定論)
全国連絡会のHPができました!


3.25守大助さんの再審・無罪をかちとる全国集会in仙台

再審開始を求める署名(高裁宛て・即時抗告審)はこちら(裁判長名修正)

北陵クリニック事件・全国連絡会のHPができました


『証拠開示命令申立書』を提出

『事実取調請求書』を提出

確定審(一、二、三審)における判決文を掲載

再審請求書を公開しました

検察意見書と弁護団反論を掲載(病態論)

検察意見書と弁護団反論を掲載(鑑定論)

A子さんはミトコンドリア病の「確実例」!(病態論)

検察の驚くべき主張大転換!(鑑定論)

弁護団声明(2013/8/2)

累計約7万名分の署名を仙台地裁へ提出


   

週刊現代で連載記事(第11回〜16回:魚住昭氏)

12.2.10 北陵クリニック事件 守大助さんが再審請求(冤罪Fileブログ)

08.6.7 上告審報告・再審決起集会の報告

08.3.9 リレートークin銀座2008の報告

08.3.7最高裁前・上告棄却抗議アピールの報告

<守大助さんの近況について>

守大助さんは2008年7月9日に宮城刑務所から千葉刑務所へ移送されました。手紙の発信制限のため守大助さんから支援者の皆様へ手紙を出すのは依然として困難な状況ですが、手紙の「受信」は無制限ですので、引き続きご支援、激励をお願い致します。なお面会を希望される方は会へご連絡ください(面会者や回数の制限があります)。
差し入れは郵送で送ることができますが、現金、切手(3千円まで)、本(3冊まで)、写真、ビラ・パンフ(10部まで)等に限られます。
<移送後激励先>

〒264-8585
千葉県千葉市若葉区貝塚町192
千葉刑務所 守大助 様


再審請求書発行のお知らせ
宮城の「守大助さんを守る会」から再審請求書が発行(2012年3月)されました! 新証拠となる意見書も収録されています。ぜひお買い求めください。当会でも扱っています。

裁判資料集発行のお知らせ
宮城の「守大助さんを守る会」から裁判資料集が発行(2015年6月)されました! 仙台地裁判決、仙台高裁判決、仙台地裁再審棄却決定などが収載されています。ぜひお買い求めください。当会でも扱っています。
会員登録のお願い

支援の輪を広げるために会員登録をお願いします。
守大助さんを支援する気持ちがある方は誰でも会員になることができます。会費は無料です。
会員になっていただいた方には不定期でニュースや会からのお知らせを発行致します。
また会員登録をしていただいた方は「守大助さんを支援するメーリングリスト」に参加することができます。
詳細


活動資金カンパにご協力を
郵便振替
00180-1-540037
他金融機関からの振込み用
〇一九店 当座 0540037
口座名 「無実の守大助さんを支援する首都圏の会」