-これは事件ではない!-
仙台・北陵クリニック
筋弛緩剤点滴事件の真実
●Home
●会の紹介
●事件の概要
●事件と裁判の経緯
●ここがおかしい!
 北陵クリニック事件
●事件Q&A
●起訴事案5件の
 比較表
●守大助さんの
 一審最終意見陳述
●守大助さんからの
 メッセージ
●守大助さんは
 こんな人
●支援者より
●活動記録
●サイトと本の紹介
●市民の皆様へ
 お願い!
●更新履歴
●Contuct us

北陵クリニック事件 経緯
2000年
 2月2日 女児(1)急変、回復
 10月31日 A子さん(11)急変、重症
 11月13日 男児(4)急変、回復
 11月24日 下山雪子さん(89)急変、死亡
 11月24日 男性(45)急変、回復
 12月4日 守大助さんが(半田教授の要請に応じ)北陵クリニックを退職。
       夜に忘れ物を取りにクリニックへ行った際、宮城県警警部補から、
       後に問題となる赤い針箱の件で職務質問を受ける。
2001年
 1月6日 宮城県警が守大助さん他2名の北陵クリニック職員を任意同行で
      取り調べ。守大助さんが容疑を認める供述。
      A子さん(11)の殺人未遂容疑で逮捕。
 1月9日 守大助さんが否認に転じる。
 1月26日 下山雪子さん(89)に対する殺人容疑で再逮捕。
 2月16日 女児(1)に対する殺人未遂容疑で再逮捕。
 3月9日 男性(45)に対する殺人未遂容疑で再逮捕。
 3月30日 男児(4)に対する殺人未遂容疑で再逮捕。
 7月11日 仙台地裁で初公判。
 9月24日 仙台弁護士会が地検、県警、拘置所へ人権侵害の警告・勧告書
2003年
 11月18日 仙台弁護士会が大手新聞4社に対し、守さん逮捕当時の犯人視報道その他について勧告書を提出。
 18,25,28日 150回の公判を経て検察側が論告求刑公判で無期懲役を求刑。
2004年
 2月9,10日 最終弁論で弁護側が無罪を主張。
 3月30日 仙台地裁が無期懲役の判決。弁護側即日控訴。
2005年
 6月15日 仙台高裁で控訴審初公判。
 7月29日 守大助さんの接見禁止がようやく解除。
 10月5日 仙台高裁が第4回公判で弁護側の鑑定請求を却下し結審。
2006年
 3月22日 仙台高裁が控訴棄却の判決。弁護側即日上告。
 12月 弁護団が上告趣意書を提出。

 5月 弁護団が上告趣意補充書(1)を提出。
 6月 弁護団が上告趣意補充書(2)を提出。
 8月 最高検察庁が「答弁書」を提出。(弁護側上告趣意への反論)
 11月 弁護団が上告趣意補充書(3)を提出。
 11月 弁護団が上告趣意補充書(4)を提出。
2008年
 2月25日 最高裁上告棄却、無期懲役確定
2012年
 2月10日 守大助さん再審請求書、仙台地裁に提出
 5月11日 弁護側、「事実取調請求書」提出
 5月22日 第1回三者協議
 8月28日 第2回三者協議
 12月20日  第3回三者協議、検察側意見書(1)鑑定論、提出
2013年
 2月22日 弁護側、検察側意見書(1)に対する反論、提出
 2月27日 第4回三者協議、弁護側、検察側意見書(1)に対する反論−その2、提出
 6月14日 検察側意見書(2)病態諭、提出
   19日 第5回三者協議
 7月23日 弁護側、検察側意見書(2)に対する反論、提出
 7月31日 弁護側、「志田保夫、池田正行尋問の必要性について」提出
 8月 2日 第6回三者協議
 8月 20日 弁護側、「求釈明書」提出
 9月 6日 検察側、「意見書(1)の補足説明」、「事実取調べ請求に対する意見書」提出
 9月 9日  第7回三者協議、弁護団「証拠開示勧告申立書」提出
 10月25日 弁護側、「“土橋鑑定”の確定審と再審請求における位置付け」、「志田保夫、池田正行尋問の必要性についての補充意見」提出
 10月29日  弁護側、「意見書(1)別添1,14に対する意見」提出
 10月30日 第8回三者協議
 11月22日  弁護側「志田保夫先生の補充意見書」
 11月25日 弁護側「他の刑事事件再審請求事件に関する証拠開示の状況」提出
 11月26日 第9回三者協議               
2014年
 1月20日 弁護側「意見書(3)」提出、検察側「意見書(3)」提出
 3月25日 仙台地裁、再審請求棄却(河村俊哉裁判長)
    26日 弁護団声明
    28日 弁護側、即時抗告
 11月6日 弁護側「補充意見書(1)」提出
 12月17日 A子さんの診断に関する意見書(池田意見書)提出
2015年
 1月14日 弁護側「求釈明書」提出
 3月11日 弁護側「補充意見書(2)」提出
 9月10日 弁護側「補充意見書(3)」、「進行協議等申入書」提出
2016年
 1月18日 弁護側「補充意見書(4)」、「事実取調請求書」、守大助さん上申書、提出
   19日 弁護側「証拠開示命令申立書(1)」提出、第一回三者協議、記者会見
 2月25日 検察(仙台高等検察庁)より求釈明事項1に対する回答
 6月14日 記者会見
 7月 8日 弁護側「進行に関する意見書(1)」提出
 11月4日 検察より旧釈明事項2,3に対する回答
 12月2日 弁護側「進行に関する意見書(2)」提出、証拠開示命令申立書(2)提出

※即時抗告審以後の補充意見書、進行に関する意見書に、便宜上、通し番号(1)、(2)・・・を付けている。